肉類中心の食事は薄毛の素!

肉類がメインの人は気をつけて!肉中心の食事は薄毛の素!

肉と薄毛

 

現代の食事は、野菜や魚中心よりも、肉類が中心になってきています。肉料理は手軽に食べれて、コミュニケーションがとれるので、好んで食べる人が増えてきました。

 

しかし、毎日のように食べている人は、肉は高カロリーのイメージが強いので、食べ過ぎると太ってしまい、健康面でも、あまりよくないと気にかけながら、食べている人は沢山います。

 

しかし、薄毛の原因と関係があると、思って食べている人は、ほとんどいません。

 

肉中心の食生活が、どのように、薄毛に関わっているのか調べてみましょう。

 

ちょっと、頭皮を触ってみて下さい。
ベタベタした感じはありませんか。もし、ベタベタしている感じがするのなら、注意が必要です。

 

頭皮が、ベタベタするのは、皮脂分泌が多すぎる状態と言えます。皮脂は頭皮の毛穴から分泌されます。皮脂は体内の中性脂肪などの脂肪が多いと、毛穴から出でてきます。このように、お肉中心の食事だど、自然と頭皮の皮脂分泌が多くなってきてしまうのです。

 

お肉は高脂肪、高コレステロールの食品と言えます。このような食品ばかり好んで食べていると、血液中の脂質が増え、頭皮の毛穴の詰りを起こしてしまいます。それから、血行も悪くなってしまいます。頭皮の血行不良が発毛や抜け毛、薄毛に大きく関係があるのです。

 

髪の毛の発達の仕組みは、髪の毛の先端部にある毛乳頭(毛球の先が内側に凹んだ部分にある組織のこと)が毛細血管から運ばれてくる栄養や酸素を取り込んで、周辺の細胞(毛母細胞)に送り込み毛を成長させていきます。毛母細胞が、毛乳頭から栄養や酸素をもらい、それを養分として、頻繁に細胞分裂して、髪の毛となっていくのです。

 

毛乳頭に血液が栄養を届けるのですが、毛乳頭を取り巻くように存在するのが毛母細胞です。毛乳頭と毛母細胞が、発毛に大きく関係している訳です。頭皮の血液の流れが良くないと、毛乳頭に栄養を与えることが出来なくなってしまいます。毛乳頭に栄養を送る事が髪の毛にとって重要なポイントと言えます。

 

薄毛とマープはこちら

頭皮が血行不良となってしまうと、毛細血管までしっかりと血液が届かなくなり、毛母細胞が栄養不足になってしまいます。

 

栄養不足になってしまうと、細胞分裂をやめてしまい、髪が抜け落ちてしまう事になります。

 

実は頭皮と細長い髪の毛の成分は、どちらもケラチンというたんぱく質です。髪は皮膚が変形してできたものです。当然同じ成分になります。ケラチンとは、18種類ものアミノ酸で構成され、ケラチンの含まれている量の違いで、柔らかくなったり、硬い髪になったりと髪質が変わってきます。

 

肉類中心で、野菜などの少ない栄養バランスの悪い食生活を続けていると、体調はも優れなくなり、薄毛の原因になってしまいます。お肉は食べ過ぎてしまうと、体調を崩してしまい、健康面に不安がでできますが、お肉には、筋肉や皮膚の元となるタンパク質の他、ビタミン、ミネラルや良質なアミノ酸なども豊富に含む栄養豊富な食品なのです。

 

肉類から取ることのできるタンパク質は、もちろんわたし達にとって有益で必要なものなのです。中性脂肪は活動するためのエネルギーとして必要なものですが、過剰になると健康を害するリスクが高まってしまいます。

 

時間をかけずに、手軽に調理が出来るお肉は、魅力的です。仲間とワイワイできるのもひとつの魅力ですが、体調だけでなく、髪の毛の健康も考えながら、食べすぎないように、心がけましょう。

 

自分の食生活を見直すチャンスと考えて、一度見つめ直すのもよいことです。

 

 

← ← マープTOPに戻る

肉類中心から野菜中心に変える!油っぽい食事は薄毛の素!関連ページ

男性ホルモンと薄毛の関係
男性ホルモンと薄毛の関連性について解説しています。
一日の抜け毛って・・・
一日に一体髪の毛ってどれほど抜けるの?
髪の成長には欠かせないモノとは?
髪の成長に必要な絶対条件とは・・・
AGAに効果のある育毛成分
AGAに効果のある育毛成分を掲載中!
皮脂と育毛
余分な脂は取らなければいけませんが、過剰な摂りすぎは厳禁!
頭皮マッサージのやり方
頭皮マッサージの簡単な方法をご紹介します。
AGA治療薬「ミノキシジルとプロペシア」
「ミノキシジルとプロペシア」は薄毛治療にはなくてはならない治療薬です!
軟毛だと禿げるというのは本当!?
軟毛と硬毛、禿げやすいのはどちらのタイプなのでしょうか・検証しています。
姿勢が悪い人は薄毛になりやすいってホント!?
抜け毛とフケ症の関係
抜け毛とフケ症は密接に関係しています。改善方法や対応策について検証しています。