マープソニックで使用されている人工毛

マープソニック(マープ)の人工毛の特徴

いったい、どんな素材を使っているのか、気になりませんか?増毛技術って日々進歩しています。

 

マープソニック人工毛

 

マープソニックの人工毛は、髪の質に合わせて技術担当の人が最適な太さを提案してくれます。

 

部分的に太い人工毛も使いますし、生え際などの目立つ部分には、極細人工毛も使います。

 

この極細人工毛ですが、なんと、0.05mmという細さ^^;

 

生え際などは、目立つ部位ですので、いかに自然に自分の毛髪と変わりないように再現しなければいけません。

 

毛先の流れにもこだわって、ナチュラル感を出す。そんな人工毛を使うとすれば、やはり細さが重要になってきます。

 

そこで、、登場したのが、0.05mmの極細人工毛なのです。

 

また、細いだけではありません。汗や、動きにも耐える耐久性のある材質でなければいけません。

 

マープソニック(マープ)の人工毛は、合成物質でつくった化学繊維がメイン

もちろん、アレルギーの心配はありません。

 

一昔前では、毛材もマチマチで、決して質感なども性能的には優れているとは言えませんでした。汗でムレたり、長時間のドライヤーの熱で人工毛が溶けたりすることもあったとか。

 

アデランスもそうですが、今の人工毛は極細で熱にも強い人工毛を使用していますので、タフです。激しい動きなども想定して、人工毛を選別しています。

 

ライフスタイルを変えることなく、日常の生活の中に自分の毛髪と同じように溶けこむ!!

 

増やしたい場所に、一気に増やせるのがマープソニックの特徴
部位ごとに、「マープ ナチュレ」や「マープ トレン」とを使い分けたり併用することだって出来ます。

 

マープの凄さを実感してください

 

今なら無料増毛お試し体験実施中!

 

公式サイトにはコチラから入れます。 アートネイチャーへ 「マープ」無料体験