マープ リボンの特徴!生まれ変わった増毛法の魅力

マープ リボンの特徴!生まれ変わった増毛法の魅力

アートテイチャーの商品である「マープリボーン
TOKIOの城島茂さんがイメージキャラクターを務めていることもあり、話題です。

 

そして、商品の特徴としても、今までとは違う新しい増毛法で、大きく期待されています。
そんな「マープリボーン」について、詳しく調べてみました。

 

マープリボーンの特徴

植毛でもなく、カツラでもなく、新しい増毛といわれる「マープリボーン」。
今までのマープ増毛法は、『自毛を生かしながら増やす』『髪を段階的に増やし、自然な髪形をつくっていく』という特徴がありました。

 

「マープリボーン」はその特徴をそのまま生かしながら、より多くの理想に応えます。

 

例えば、

  • 少しだけここの毛を増やしたい
  • 自然に増やし、違和感のない髪型にしたい
  • いまはかなり髪が寂しいのでたくさん増やしたい

・・・などの要望に応えることができます。

 

今までのマープ増毛は、自毛1本につき2~4本の人工毛を付けていました。付ける本数が最大6本なので、増やすとしても限界があります。

 

確かに毛は増えますが、髪の密度が薄いかたなどには、対応しづらいことも事実。そして施術時間も多く掛かったのです。

 

しかし、「マープリボーン」は、本数での括りはありません

 

自毛をしっかりと生かしながら、ある程度まとまった本数の人口毛を絡めていくので、今までの施術よりも早く増毛することができます。

 

この方法ですと、髪の密度が薄いかたにも施術でき、満足のいく仕上がりにすることができます。

 

ご自分の気になる部分に、確実に、そして早い施術で髪の毛を増やすことができるのですから、かなり助かる技術ですね。ストレスフリーでの増毛とも言えます。

 

↓マープの公式ページへ↓

マープリボンのお試し体験

 

薄毛の種類について

人によって、薄毛になる原因も場所も様々。
前髪の生え際から、つむじから・・・など、薄毛になる箇所もAGAの進行パターンも違います

 

薄毛の種類は、10種類くらいのパターンがあるとも言われています。
いくつかの箇所ごとに見ていきましょう。

 

 

【M字】

おでこから薄毛が始まり、M字になってしまって、前髪でそっと隠している人も多いのでは?
でも、風が吹いた時や濡れた場合、ちょっと目立ちますよね。

 

どんどん後退していくため、放っておくと大変なことに・・・。

 

【つむじ】

自分ではなかなか髪の毛の状態を確認できないのがこの「つむじ」部分。
つむじの周りが薄くなり地肌が見えている場合は、危険です。

 

気付いた時には「こんなに薄毛になっていたなんて」とショックを受ける人も多いとか。
合わせ鏡でチェックをしたり、家族に協力してもらって、定期的に状態を把握したい部分でもありますね。

 

【円形脱毛症】

硬貨ほどのハゲができる症状ですが、こちらは自然に出来るものではありません。
それゆえに深刻です。

 

男性だけではなく、女性にも多いと言われています。
ハゲの周りの髪の毛も弱くなっているため、無理に引っ張ったりしないこと!

 

上にあげたハゲ方のパターンを基本に進行していきますが、AGAはなかなかよくなりません。

 

シャンプーや育毛剤を試しても改善が見られないと悩んでいるのなら、増毛という選択肢もあります。

 

どんな薄毛もふんわりボリュームアップ

薄毛の原因は、遺伝だけではなく、ストレスや生活習慣・ホルモンバランスなどの要因が重なったことでも起きます。

 

少しずつ症状が出るものもありますし、一気に薄毛になってしまう場合もあるんですよね。

 

従来の増毛は、先ほども話したように、自毛に結ぶ本数には限界があります。たしかに薄い髪の毛を増毛でボリュームアップすることができますが、限られた本数のなかで施術していくため、満足度はいまいちな時も。

 

マープリボーンなら、まとまった本数を増毛していくから、ムラになることもあまりなく、自然にふんわりとした髪へと変身します。

 

好きな髪形も選べるくらい、バリエーションも増えて楽しいでしょう。

 

どの角度から見ても自然な「マープリボーン」ですが、一気に増やすよりゆっくりと周りにわからないように増やしたい方は、従来のマープ増毛法がおすすめです。

 

↓マープリボーンはこちら↓