植毛とショックロス

ショックロスとは?

植毛を行った部分の周辺の自分の髪の毛が抜け落ちてしまうことをショックロスと呼びます。

 

植毛の術後約1~2ヶ月ほどで起きる現象です。

 

ショックロスの一時的脱毛現象は、髪の毛が新たに生え始める時点において、起こりうる現象です。

 

これは正常な発毛サイクルであり、植毛が失敗したというわけではありません。

 

別名「休止期脱毛」と言われますが、髪の毛の生え変わりのサイクルの一つ休止期に起こる事からこう呼ばれます。新しく生えてくる髪の毛は、3ヶ月前後の段階で、生え変わってきます。

 

ショックロスの永久的脱毛現象とは、AGAが進行していた毛髪のため、髪の毛自体が細くて弱く、抜けやすい毛髪が植毛が原因で起こった血行変化が影響し、それがきっかけで抜け落ちていくのです。

 

植毛したあとにシャンプーなどをすると髪の毛がかなり抜け落ちてくるときもあります。
はじめて経験する人はびっくりするかもしれませんが、誰にでもありうる事です。

 

永久的に脱毛現象が続くわけではありません。

 

植毛した髪は毛根にはしっかり根が育ち定着してきます。
抜けた部分も髪のサイクルにそってまた生えてきます。

 

ショックロスの原因としては、手術の際の麻酔や施術法により、植毛した部位周辺の血行が変化することや、もともとAGAが進行していて、髪の毛自体が弱かったり、細かったりするといった事が挙げられます。

 

しかし、詳しい原因はまだ解明できていません。

 

ショックロスについては、起こる人、起こらない人がいたり、起こっても抜け毛の量に個人差があったりします。AGAがなかったり、軽度な人には影響は少なく、同じ人が植毛して、はじめは大丈夫なのに、2回目からショックロスになったという人もいます。

 

自分でできる防止対策としては、ミノキシジルやフィナステリドを使用することで防ぐことも可能なようですが、しかし個人差もあるため万人に効果があるわけではないようです。

 

いずれにせよ、一時的なモノなので心配はいりません。

 

 

← ← マープTOPに戻る

植毛のショックロスとは?関連ページ

植毛と増毛の違い|アイランドタワークリニック
植毛と増毛の違いを掲載しています。