スヴェンソンとマープの比較

スヴェンソンとマープを比較してみてわかったこと

 スヴェンソン=会社名、マープ=増毛法

 

単純に乱暴に言うと上のようになります。

 

まず、理解しなければいけないのは、スヴェンソンが会社名であるのに対してマープはアートネイチャーの増毛法の名前であるという点です。

 

スヴェンソンの増毛法は以下になるので、マープとの違いなどをまとめてみました。

 

マープは髪の毛1本1本に対して人工毛を結びつける増毛法で、髪の毛を増やしたい量に応じていくつか種類があります。

 

一方スヴェンソンは、主にウィッグを3本の糸で編み込むスヴェンソン増毛法を主とした会社ですが、その中にマイヘアプラスという増毛法があります。

 

これもマープ同様髪の毛に人工、または自然毛をジョイントさせていくもので、今回はこの2つについて比較をしてみたいと思います。

 

スヴェンソン式増毛法

 

最低限の部分増毛か広範囲雑物のフォロー型か

技法が似た2つの増毛法で最も違うのは、各メーカー内での位置付けです。

 

マイヘアプラスは比較的限られた範囲での増毛をしたい人に向いていて、料金についても単発利用を想定した料金体系になっています(定額制もあります)。

 

生え際だけとか、大切な日にビシッと決めたいと言った方にいいかもしれません。

 

一方マープは、増毛したい量によっていくつかプランがあり、ある程度広範囲までフォローできるようになっています。できるだけウィッグを使わず広い範囲の増毛をしたい方にオススメのプランです。

 

他にもマイヘアプラスは結びつけた毛髪を再利用できる、マープは任意で結びつける毛束の量が選べるなどの特徴がいろいろありますが、まず最初の判断材料として広範囲か最低限かを考えて選んでみるといいかもしれません。

 

以下でスヴェンソンの増毛法、マイへアプラスについて見ていきます。

 

ピンポイント増毛のマイヘアプラス

マイへアプラス

 

マイヘアプラスは自分の髪の毛1本1本に、増毛用の毛髪をジョイントしていく増毛法で、比較的狭い範囲をピンポイントで増毛したいような場合に適しています。

 

例えばつむじや分け目の薄さを改善したいなどの場合は、非常に効果を発揮してくれるのではないでしょうか?

 

またマイヘアプラスの特徴として、結束した毛髪を元の位置に押し下げることが出来るという点があります。

 

自分の髪に増毛用の毛髪を結束すると、髪が伸びるにつれて結束位置が上がってきますが、マイヘアプラスはその毛髪を生え際まで戻すことが可能なため、せっかく結束した毛髪を伸びた髪と一緒に切ってしまったり、その度に毛髪購入したりといった不具合が起きにくく、経済的な負担も少なくて済みます。

 

マイへアプラスだと随時購入ができる

スヴェンソンと言えば定額料金で有名ですが、マイヘアプラスに関しては1回単位での購入ができます。

 

1回で十分悩みを解消できるような方や、極端な変化を好まずある程度の期間を空けて増毛を進めたい方には非常にうれしい料金体系になっていて、増毛を自分のペースで進めることが出来ます。

 

特に周りの人に気づかれないように増毛したい方や、結婚式などの大切な時だけ増毛したい方にピッタリです。

 

もちろん定額コースもあるので、増毛を進めていく上での選択肢が多いマイヘアプラスなら一人一人の増毛スタイルに柔軟に対応してくれるはずです。

スヴェンソンとマープを比較関連ページ

スヴェンソン増毛
人気のスヴェンソン増毛ですが、ナゼここまで人気があるのかその秘密を探ってみました。スヴェンソン増毛を検討されている人はご覧ください。